若年性認知症


若年性認知症は働き盛りの40〜50歳代でも発症する病です。認知症はもはや老後の問題でありません。

若年性認知症による打撃を阻止

  
若年性認知症は40〜50歳代でも発症 認知症はもはや老後の問題ではない
    
内  容
認知症の悩みや不安を自宅で改善解消! 諦めるな!!
     
認知症患者との同居人は介護が大変 認知症改善プログラムで改善!
     
若年性認知症は40〜50歳代でも発症 認知症はもはや老後の問題ではない
     
認知症は予防できる 予防対策の為の「認知症改善プログラム」
   
認知症の原因を知ることは予防策にもなり生活習慣の改善にも
   
     
リンク集
健康診断や検診で生活習慣病 早期発見 早期改善・予防 健康第一
   
アレルギー対策 アレルギー体質改善法の決定版!「AG★フリー」
   
     
広  告
突然の胸の痛みや圧迫感 自宅で出来る狭心症や不整脈の改善
    
   
若年性認知症と言う言葉を聞いたことがあると思いますが、

64歳以下で発症した認知症のことで、

働き盛りの正に中枢である40〜50歳代でも発症することもあります。


40〜50歳代と言いますと確かに若くは無いかもしれませんが、

65歳以上での認知症を考えますと40〜50歳代は若年かもしれません。




しかし、そのような年齢で認知症を発症しますと、

仕事や或いはご家庭の第一線で活躍している世代ですので、

お父さん又はお母さんの認知症発症は、一緒におられるご家族とってのマイナスは、

計り知れない出来事となってしまいます。


最近では、その40〜50代で発症する『若年性認知症』にも関心が高まっており、

増加傾向にあるとニュースにもなりました。



つまり、「認知症はもはや老後の問題ではない」

と言うことです。
40代と言いますと、肉体的な衰えは実感として感じざるを得ないのですが、

気持ち的にはまだまだと思われる年代でもあります。


従って、認知症は「まさか自分が」という考えも及ばずに発見が遅れがちになります。


もし、以前に比べて仕事や家事の能力が下がったな と感じるようでしたら、

一刻も早く専門医に受診されることをお勧めします。


その、自覚症状において以下の状態の有無をチェックしてみましょう。


もし該当する項目があるようでしたら、早めの受診をお勧めします。


本人の自覚症状としてのチェック

 ・仕事がはかどらなくなった。

 ・書類の書き間違いや計算ミスが多くなった。

 ・受発注漏れや繰り返しが増えた。

 ・二重請求や請求漏れを繰り返すようになった。

 ・約束の日にちや時間を忘れてしまう。

 ・電話の取次ぎがスムーズにできなくなった。

 ・家事の段取りがうまくできなくなり、時間がかかるようになった。

 ・料理のレパートリーが減った。

 ・昨日の夕食が思い出せなくなった。


家族から見たチェック項目

 ・約束の時間に遅れることが増えた。

 ・おしゃれだったはずなのに服装にかまわなくなった。

 ・好きだった物事に興味を示さなくなった。

 ・ぼんやりするようになった。

 ・物忘れが激しくなった。

 ・物忘れを認めず、言いわけを繰り返す。

 ・怒りっぽくなった。

など。


もし若年性認知症と診断された場合は、自宅で無理なく改善し、

働き盛りの打撃を阻止したいものです





   
このページのTOPに戻る
     
   
Copyright (C) 認知症の悩みや不安を自宅で改善! 諦めるのはまだ早い!! All Rights Reserved